FAQFAQ

  • Question

    スリムアップスリムは 誰でも使用できますか?  

    開く

    Answer

    18歳~70歳未満の健康な方のご使用をおすすめしています。妊娠中・授乳中の方はご使用をお控えください。 また、現在治療を受けている方は、医師にご相談ください。

    閉じる

  • Question

    1日に3食 スリムアップスリムに 置き換えていいの?

    開く

    Answer

    必ず1日2食までとし、健康的なダイエットを心がけましょう。無理なダイエットはリバウンドの原因になりますので1食以上は、「主食+主菜+副菜+汁物」の4つが揃うメニューを心がけ、栄養のバランスを摂りましょう。

    閉じる

  • Question

      L-カルニチンとは?  

    開く

    Answer

    L-カルニチンは、もともと体内に存在し、加齢とともに減少します。エネルギーの燃焼に重要な役割を担っているとも言われています。

    閉じる

  • Question

    シェイクを飲むと お腹がゆるくならないですか?  

    開く

    Answer

    シェイクには食物繊維を配合しておりますので、お客様の体質や体調、お召し上がり方によっては、お腹がゆるくなる場合がございます。ご心配の方は、以下の方法をお試しください。
    ・冷たい水ではなく、常温の水をご使用ください。
    ・空腹時に一気に冷たいものを飲むと、体の負担になる場合がありますので、ゆっくり噛むようにお召し上がりください。

    閉じる

  • Question

    スリムアップスリムを使うと 痩せるの?  

    開く

    Answer

    スリムアップスリムを食事と置き換えて、1日の摂取エネルギーをコントロールすれば目標に近づくでしょう。例えば、1kg体重を落とそうと思うと、7200kcal消費しなければなりません。消費エネルギーが摂取エネルギーを上回るように、食事のコントロールだけでなく適度な運動を心がけてください。

    閉じる

  • Question

      コラーゲンとは?  

    開く

    Answer

    コラーゲンは美容にとって、大切なたんぱく質です。皮膚の構造は、表皮層と真皮層に分けられますが、コラーゲンは真皮層の主成分です。いつまでも若々しくいたいと思う全ての女性におすすめな成分です。

    閉じる

  • Question

      りんごポリフェノールとは?  

    開く

    Answer

    若いりんごには成熟したりんごの約10倍ものポリフェノールが含まれています。その若いりんごのポリフェノールをアサヒグループが独自の技術で抽出しました。

    閉じる

  • Question

    シェイクを お湯に溶かしていいですか?  

    開く

    Answer

    お湯に溶かしても美味しくお召し上がりいただけます。ただし、「酵素+スーパーフードシェイク抹茶ラテ」は、酵素の活性がなくなることが考えられるため、おすすめはしておりませんが、温めて飲むことは可能です。

    閉じる

  • Question

    一日の中で スリムアップスリムを効果的に 摂取するタイミングは?

    開く

    Answer

    一般的には、活動量の少ない夜に低エネルギーのシェイクやスープ&クラッカーなどを摂取するのが有効です。しかし、仕事やお付き合いなどで必ずしも夜にスリムアップスリムを利用できるとは限りませんので、その日の予定や気分に合わせて臨機応変に取り入れてみては如何でしょうか。無理をせずに継続することが一番です。

    閉じる

  • Question

      コエンザイムQ10とは?  

    開く

    Answer

    コエンザイムQ10は、もともと体内に存在し、加齢とともに減少します。エネルギー再生に関与し、若々しさの維持に関係があると言われています。

    閉じる

  • Question

      ヒアルロン酸とは?  

    開く

    Answer

    真皮の細胞と細胞の間に多く存在して、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守り、肌の乾燥を防いでいます。ヒト成人で平均7~8g、体全体の約50%は皮膚に存在し、ヒアルロン酸1gあたり6000mLの水を保持することができると言われています。体内では合成と分解のバランスがとられていますが、年齢を重ねるごとに減少すると言われています。

    閉じる

  • Question

    シェイクは 牛乳に溶かしてもいいですか?  

    開く

    Answer

    牛乳で溶いても飲むことはできます。ただしその分カロリーがアップいたしますので、考慮に入れてお召しあがりください(牛乳1杯(210g)のエネルギー:124kcal)。

    閉じる

ダイエット中の食事について

  • Question

    ダイエット中に 控えたほうが良い 食品はありますか?

    開く

    Answer

    ダイエット中に食べてはいけない食品はありません。しかし、限られたエネルギーの中で体に必要な栄養素を補給するためには、砂糖や脂肪はなるべく控える必要があります。生クリームやバター、砂糖をたっぷり使った洋菓子や、調理油を多く使ったパスタ、中華料理などは食べる頻度を少なくした方が効果的です。

    閉じる

  • Question

    夕食は 寝る何時間ぐらい前に 食べればいいの?

    開く

    Answer

    通常の食事は消化に3~4時間程度かかると言われています。胃に負担をかけないようにするためには寝る3時間ぐらい前までに食事を済ませるのが理想です。夕食が遅くなる場合は、エネルギーが高く消化に時間のかかる揚げ物(鶏のから揚げ、エビフライ)などは控え目にし、たっぷりの野菜と蒸したお肉や焼き魚などを選ぶよう心掛けましょう。

    閉じる

  • Question

    朝食を抜くと、 なぜ痩せられないの?  

    開く

    Answer

    一日の摂取エネルギーが同じ場合、食事の回数が2回の人の方が5回に分けて食べる人よりも肥満になりやすいことが報告されています。朝食を抜くと無意識のうちに昼食や夕食の量が増えたり、間食が多くなって身体に脂肪が溜まりやすくなります。どんなに忙しい朝でも、決まった時間に朝食を摂ることが「太りにくい体質」を作ることを覚えておきましょう。

    閉じる

  • Question

    ダイエット中に 積極的に摂ったほうが良い 食品はありますか?

    開く

    Answer

    脂肪や糖分の吸収を抑える食物繊維(野菜、きのこ、海藻、芋類、果物)や、炭水化物・脂肪・たんぱく質を効率良くエネルギーに変える働きのあるビタミンB群(豚肉、大豆・大豆製品、レバー、卵、鶏肉、鮭など)を積極的に摂ることをお勧めします。また、便秘を予防し代謝をスムーズにする水分もたっぷり補給するようにしましょう。

    閉じる

  • Question

      早食いは、なぜいけないの?  

    開く

    Answer

    食事をすると、血中のレプチン濃度(ホルモン)が上昇し、脳の中枢神経に働きかけて食欲が抑えられます。しかし「早食い」をすると、食欲が抑えられる前に食べ過ぎてしまうため、過剰にエネルギーを摂取してしまいます。食事の際は、ゆっくりと噛むことを意識し、味わいながら食べるようにしましょう。

    閉じる

  • Question

      夜 食べると太るのはなぜ?  

    開く

    Answer

    夜は副交感神経の働きが活発になるため、食べたものが体に蓄積されやすくなります。また、日中に比べて活動量が少なくなるため、食べたものが消費されず脂肪として蓄えられやすくなります。

    閉じる

  • Question

    たんぱく質を 積極的に摂りましょう というのはなぜ?

    開く

    Answer

    身体のたんぱく質は活性組織といわれ、毎日代謝されています。筋肉の材料となるたんぱく質が不足すると、基礎代謝量が少なくなり、痩せにくい体質になってしまいます。成人男性であれば1日約60g、女性は約50gのたんぱく質が必要です。

    閉じる

  • Question

      食事だけでも痩せますか?  

    開く

    Answer

    一日の摂取エネルギーが消費エネルギーよりも少なければ、ある程度体重は減ります。しかし、減量後のリバウンドを防ぐためには、積極的に身体を動かし余分なエネルギーを燃やすと同時に、筋力をつけて基礎代謝を上げることが大変重要です。太らない身体を作るためには食事の内容だけでなく、活動量を増やすための運動習慣にも気を配るようにしましょう。

    閉じる

  • Question

    スリムアップスリム以外の 食事は何を食べても平気?  

    開く

    Answer

    スリムアップスリム以外のお食事はメニュープランを参考に、「主食+主菜+副菜+汁物」の4つを揃えて体の中から代謝を促すことを心掛けてください。
    男性は1日1500kcal、女性は1日1200kcalを下回らないよう注意しましょう。

    閉じる

  • Question

    太りやすい食べ方は どういうの?  

    開く

    Answer

    早食いや、どか食いです。早食いをすると、満腹感が得られる前に、つい食べ過ぎてしまいます。また、どか食いは血糖値を急激に上昇させ、インスリンの分泌を促し、余分なエネルギーを脂肪に蓄えやすくしてしまうので注意が必要です。

    閉じる