フリーズドライ

フリーズドライ製品の高品質化と、その可能性に挑戦します。

即席麺や即席みそ汁の具材および即席ブロックスープなど、あらゆる加工食品に使用されているフリーズドライ製品。これら多種多様な製品を原材料から最終製品まで一貫した品質保証体制のもと、国内外で製造・販売しています。今後は健康食品素材やオーガニック食品等、付加価値食品分野の開発を進め、業務拡大を図っていきます。


FD製品(乾燥具材)

フリーズドライ(凍結乾燥法)とは

食品を凍結したままの状態で乾燥する方法で、ビタミンなどの栄養成分を維持したままフレッシュな状態で長期保存ができます。水分の除去方法としては、通常の乾燥では液体状態で「蒸発」してゆくのに対し凍結乾燥は凍結したまま、水分子を固体から気体に変える「昇華」という形で行われます。

フリーズドライ食品の長所
  1. 他乾燥法と比較し、食品中の氷の昇華によって乾燥が進むため、乾燥による形態の変化(収縮・きれつ)がない。新鮮時又は調理時の形態のままの多孔質の乾燥品となる。
  2. 昇華促進のため加熱操作が加えられても、乾燥過程においては0℃以下の低温領域で乾燥が進行。終期においても常温に近いため、乾燥中に極端な成分変化が起こらず、色・味・栄養成分等を保持したままの乾燥品となり、復元時にその食品本来の特性が生きる。
  3. 食品内部に分布する氷の部分のみが除去されるので、乾燥製品は空隙があらゆる所にあるような多孔質に仕上がる。復元に際してそこより水や熱湯が侵入しやすいので、復元性・溶解性が非常に高い。
  4. 非常に低水分まで(通常全重量の5%以下。結合水まで除去されるため。)乾燥が行われるので、その水分状態を維持すれば(厳重な包装で)相当長期にわたる保管が可能。しかも常温の保管が可能である。また、低水分であるため輸送性が高い。
アサヒグループ 日本エフディ株式会社http://www.nihonfd.co.jp/

日本エフディ株式会社は、昭和48年、食品加工の環境に恵まれた長野県安曇野に、地域特産品野沢菜漬けを凍結真空乾燥したお茶漬け素材をはじめ、即席麺具材、梅干し、果実、野菜などをフリーズドライ加工する会社として創業。平成10年1月、当社FD食品部門の基盤確立と、売上拡大を図る生産拠点として日本エフディ株式会社の業務用FD食品と食品添加物製造部門の営業譲渡を受け、アサヒグループとして業務を開始しました。

所在地 長野県安曇野市豊科2095-1
TEL(0263)72-5568 FAX(0263)72-5569
代表者 代表取締役社長 金森 真一
従業員 約65名
取引品目 凍結乾燥食品全般 食品添加物 他
認証関係 ISO22000認証取得(平成19年)
有機JAS認定取得(平成14年)
エコアクション21認証取得(平成18年)
ページ先頭へ戻る
公式SNS Facebook Twitter Youtube 一覧

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る