エビオス錠

「旬」をもっとおいしく、もっとたっぷり!

春こそ、栄養補給

春

Spring

体に欠かせない必須アミノ酸を補給して、「旬」をもっとおいしく食べましょう!

春先は入学や転勤など、ライフスタイルの変化が多く起こる時季。新生活をスタートさせることに精一杯で、食事や栄養のことなどつい後回しにしていませんか?
そんな方には、エビオス錠をおすすめします。エビオス錠には、食物繊維やビタミン&ミネラル類、体内では作れない必須アミノ酸9種類すべてが含まれています。食生活が乱れがちな方に、必要な栄養素を補給してくれるのです。

必須アミノ酸とは・・・
人の体を形成しているタンパク質を作るのに必要なのが、アミノ酸。そのうち特に重要な9種類を必須アミノ酸と呼び、このうちどれが欠けても成長や発育、体を維持するのに影響を及ぼします。必須アミノ酸は人間が体内で生成することができないため、食物として外部から摂る必要があるのです。

重くなった冬の体を、春の野菜ですっきりと

春、店先に並ぶのは、緑がみずみずしい山菜や春野菜。日頃から、現代人は自分は野菜不足だと感じている人が多く、春先の生活の変化や体調をくずしやすい気候のせいで、せっかくの旬の野菜をたっぷりと食べるのがなかなか難しいこともあります。体調が整えば、食事を摂るのがいっそう楽しく感じられるはず。エビオス錠を活用して、もっと「旬」をおいしく食べましょう!

新玉ねぎ 今だけの甘みは、生でたっぷりと

新玉ねぎを生でサクサクいただく。春ならではのお楽しみですね。新玉ねぎとは、秋植えの黄玉ねぎや白玉ねぎを春に収穫し、すぐに出荷したものです。生の玉ねぎの特徴でもある辛みは、硫化プロピルという成分*。新玉ねぎにも豊富に含まれています。硫化プロピルは熱に弱いため、十分に摂取するには生食がおすすめ。通常の玉ねぎは日持ちをよくするために収穫してから1カ月ほど低温保存をしますが、新玉ねぎはこの保存期間がなく、そのためあまり日持ちがしないので、できるだけ早く食べ切ってしまいましょう。

*硫化プロピルとは、糖の代謝を助けて血液をサラサラにする作用のある成分。

甘みがある

玉ねぎの写真

シャキシャキ

アスパラガスの写真

アスパラガス 新鮮な歯ごたえがたまらない

アスパラガスは、そのシャキシャキとした食感がおいしさを増幅してくれます。みずみずしいグリーンは、実は栄養豊富の証。アスパラガスから発見されたアスパラギン酸*という栄養素や、β-カロテン、ビタミンA、B、B、Cなども含まれています。アスパラガスを冷蔵庫で保存する際に横に寝かせておくと、穂先が起き上がろうとしてエネルギーを消費するので鮮度がすぐに落ちてしまいます。ポリ袋などに入れて立てて保存をするか、さっとゆでて冷凍保存をしておくといいでしょう。

*アスパラギン酸とは、エネルギー代謝に関わり疲労回復作用を高める成分。

タケノコ 甘やかな香りも、春のごちそう

サクサクとした食感、優しい甘みのある独特の味わいは、まさに春の味覚。タケノコの切り口によく見られる白い粉のようなものは、チロシン*という、旨みの元でもあるアミノ酸の一種。食物繊維*も豊富に含まれています。タケノコは鮮度が大切な野菜で、ひと晩でえぐみが2~3倍にも増すので、購入したらすぐに煮てしまいましょう。柔らかい穂先は和え物やお吸い物、中間は煮物や揚げ物、炒め物に。歯ごたえのある根本部分は薄切りにしてタケノコご飯にするなど、部位ごとに食べ方を変えて楽しむのもおすすめです。

*チロシンとは、脳や神経の働きを活発化させる働きがある成分。
*食物繊維とは、水溶性と不溶性があり、腸内環境を整える働きがある成分。

サクサク

タケノコの写真

「ふわとろ」「コクがある」「揚げたて!」

日本語には、「おいしい」を表現する言葉があふれています。口に入れる前に感じる匂い、音、そして見た目。「プリプリ」「もちもち」などのいわゆるオノマトペや、「香ばしい」「深みがある」といった形容詞、「採れたて」「季節限定」などの情報。こうした「おいしい」感覚を表す言葉を、シズルワードと呼びます。
このシズルワードをキーワードに、四季それぞれの旬の食材をピックアップ。おいしさの秘密、なぜその季節にその食材が食べたくなるのか。シズルワードから、日本の食をひもといていきます。

大橋正房 (株式会社BMFT 代表取締役 )
さまざまな消費者商品の商品開発やマーケティング戦略立案のためのマーケティング・リサーチに携わる。「おいしいを感じる言葉2015」報告書をもとにした書籍『シズルワードの現在 「おいしいを感じる言葉」調査報告』、『ふわとろ SIZZLE WORD 「おいしい」言葉の使い方』等を出版。

監修 片山愛沙子 (フードスタイリスト・管理栄養士)/hue and.

管理栄養士であり、大学在学中から学生アスリートの栄養指導・栄養管理に携わる。卒業後、保育園に勤務。園児たちの栄養管理やアレルギー除去食の考案・提供だけでなく、食育を通して子どもたちに食の楽しさや大切さを伝える。子ども向けのレシピ考案やスタイリングを得意とする。
現在はレシピ本や広告・カタログなどのスタイリング、料理動画やTV番組のフードコーディネートなどを務める。

夏を乗り切るために! 夏を乗り切るために!

ページトップへ