エビオス錠

体に必須なプリン体!?プリン体の正しい知識を知ればわかる体との関わり。

エビオス錠のひみつ

エビオス錠製品写真

プリン体とは身体にとって欠かせない成分
細胞内の核酸を構成する物質なので、当然人間の体内にもたくさん存在しています。悪者のようにいわれることの多いプリン体ですが、プリン体があるからこそ細胞は存在でき、筋肉が使われるときのエネルギー伝達物質の原料にもなる、身体には欠かせない存在と言えます。

*プリン体:
細胞の核を構成する核酸(DNA、RNA)という物質の構成成分。

体内でも作り出されるプリン体

プリン体は食材から摂っているというイメージが強いと思いますが、実は、プリン体の7~8割は体内でつくられており、食事からの割合よりずっと多いのです。
そして、体内でつくられるプリン体には、2つのパターンがあります。

70%-80%体内で作られるプリン体
細胞の新陳代謝により生成される成分
プリン体は細胞内の核酸を構成している物質です。細胞は常に新陳代謝を繰り返しており、古くなった細胞は新しい細胞に入れ替わっていきます。古い細胞が分解されるとき、細胞内の核は放出・分解されプリン体が産出されるのです。
体内のエネルギー物質の構成成分
食事で摂った栄養は「ATP(アデノシン三リン酸)」というエネルギー源に変えられますが、このATPの中にプリン体が含まれています。

プリン体の多い食品・少ない食品

プリン体とは、細胞内の核酸を構成する物質です。すべての細胞内にあるため、肉や魚、穀物などほとんどの食品にはプリン体が含まれていると言えます。
体内にあるプリン体の8割は、細胞の代謝によって自己産出されたもので、食品からの摂取によるプリン体は全体の2割程度にすぎません。しかし、尿酸値が高めの方は、体内のプリン体を増やさないようにするために、食べ物からの摂取も減らすよう心がける必要があります。
では、プリン体の多い食品、少ない食品にはどのようなものがあるでしょうか。

※日本痛風・核酸代謝学会による「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」では、治療の生活指導として、プリン体の摂取制限は「1日あたり400mg」が目安とされ、食品はプリン体の含有量(食品100gあたりに含まれる量)に応じて以下の4つに分類されています。それぞれの分類ごとの主な食品は以下の通りです。

プリン体の多い食品・少ない食品をチェックする
閉じる

プリン体が極めて多い食品(300mg以上/100g)

食品名 プリン体含有量(mg)
煮干し 746.1mg
鰹節 493.3mg
干し椎茸 379.5mg
食品名 プリン体含有量(mg)
鶏レバー 312.2mg
マイワシの干物 305.7mg
イサキ白子 305.5mg

プリン体が多い食品(200~300mg/100g)

食品名 プリン体含有量(mg)
豚レバー 284.8mg
牛レバー 219.8mg
大正エビ 273.2mg
マアジの干物 245.8mg
食品名 プリン体含有量(mg)
オキアミ 225.7mg
マイワシ 210.4mg
カツオ 211.4mg
サンマの干物 208.8mg

プリン体が少ない食品(50~100mg/100g)

食品名 プリン体含有量(mg)
カリフラワー 57.2mg
貝割れ大根 73.2mg
ブロッコリー 70.0mg
豚ロース 90.9mg
食品名 プリン体含有量(mg)
牛ヒレ 98.4mg
ベーコン 61.8mg
ウナギ 92.1mg
ホタテ 76.5mg

プリン体が極めて少ない食品(50mg以下/100g)

食品名 プリン体含有量(mg)
白米 25.9mg
もやし 44.7mg
おくら 39.5mg
そら豆 35.5mg
チーズ 5.7mg
食品名 プリン体含有量(mg)
冷奴 31.1mg
魚ソーセージ 22.6mg
スジコ 15.7mg
イクラ 3.7mg
   
閉じる
ページトップへ