ニュースリリース・お知らせ

ニュースリリース

2005年12月28日

ビール酵母注)抽出成分
「酵母細胞壁」を原料として開発した植物活性資材
『豊作物語』新発売
安全・安心、健全な農作物の生産に
アサヒフードアンドヘルスケア株式会社

 アサヒフードアンドヘルスケア株式会社(本社 東京、社長 旭 興一)は、ビール酵母の新たな高付加価値用途商品として、ビール酵母抽出成分である「酵母細胞壁」を原料として開発した植物活性資材(商品名:『豊作物語』)を、2006年1月より国内の農業生産者向けに販売開始いたします。

 『豊作物語』は、ビール酵母から分離した「酵母細胞壁」を、さらに酵素で分解した植物活性資材です。トマトやレタス等の作物について、この酵母抽出物の希釈液に定植前の根部を浸漬したり、生育中の葉面に散布するかたちで施用することで、植物体が本来持っている免疫力を高めて、植物の健全な育成を促します。食品にも用いられる天然の素材である酵母を原料としていますので、ヒトに対しても農作物に対しても安全・安心で、消費者の求める健全な農作物の生産にお役立ちできるものと考えております。

 ビール酵母は、ビタミンB・B・Bなど人体の生理機能を調整するビタミンB群や、成長に欠かせない必須アミノ酸、ミネラル、食物繊維など、多様な栄養素をバランス良く含む天然素材として知られており、当社では、医薬部外品の「エビオス錠」をはじめ、サプリメントの「スーパービール酵母」シリーズや「酵母エキス」といった食品の素材などとしてビール酵母を有用に活用しております。

 アサヒフードアンドヘルスケア(株)では、これからもビール酵母のもつ、優れた機能性素材としての特性を活かした商品の開発に積極的に取り組んで参ります。

注)酵母分類学上「ビール酵母」に分類される酵母

【商品概要】
 
商品名
豊作物語
内容量
1L
販売価格
オープン価格
発売日
2006年1月より順次
販売先
国内の農業生産者向けに販売
成分
酵母抽出液、pH調整剤(硫酸)、防腐剤(安息香酸Na)
分析値
(天然物の為、ロットにより若干のばらつきが生じます)
pH 3.1
リン(Pとして) 0.08%
カリウム(KOとして) 0.01%
カルシウム(CaOとして) 0.05%
マグネシウム 0.02%
全糖 5.20%
対象作物
レタス、トマト、ミニトマト、白菜、キャベツ、セロリ、大根、メロン、枝豆など
使用方法
時期 育苗 ●本葉2枚時
500倍希釈液に育苗ポットを浸漬する。または、500倍希釈液を潅水する。
●定植3日前
500倍希釈液に浸漬する。または、500倍希釈液を潅水する。
圃場 10〜20日おきに500倍希釈液を散布。
200〜400L/10a
開発の背景
アサヒビール(株)では、長年にわたりビール酵母の新たな機能の研究・解明を進めてまいりました。こうした研究の中から「酵母抽出物が農作物に元気を与え、植物体が本来持っている免疫力を高める」ことを発見しました。アサヒビール鰍フグループ会社であるアサヒフードアンドヘルスケア鰍ナは、ビール酵母の新たな事業展開を目指し、農作物活性資材としての開発と事業化の検討を進めてまいりました。このたび、植物を健全に育てるための資材のマーケットに向けて『豊作物語』を発売することといたしました。
商品特長
植物活性資材『豊作物語』は、ビール酵母から分離した「酵母細胞壁」を、さらに酵素で分解したものです。トマトやレタス等の作物について、この酵母抽出物の希釈液に定植前の根部を浸漬したり、生育中の葉面に散布するかたちで施用すると、元気を与え、植物体が本来持っている免疫力を高め、植物の健全な育成を促進します。
【アサヒフードアンドヘルスケア株式会社 会社概要】
会社名
アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
社長
旭 興一
本社事務所
東京都墨田区吾妻橋1―23―1
会社設立
平成6年3月14日
資本金
32億円
【本資料に関するお客様からのお問い合わせ先】
アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
お客様相談室フリーダイヤル:0120-630611





ページ上部へ
もどる